治療と予防が可能なアレルギー症状。このホームページではこれまでに公開されているアレルギーに関する必要な情報を集めてご紹介いたします。また、アレルギー症状を改善するための効果的な医薬品も合わせてご紹介していきます。

日光アレルギーについての専門医の受診の必要性

日光アレルギーとは、日光に含まれる紫外線が原因で免疫システムに異常をきたし、過剰に反応して引き起こされるアレルギー反応の一種です。紫外線に対する抗体量を超える内因性の原因と、薬や日焼け止めの成分が紫外線を吸収し、光毒性を持つ事でアレルギー症状を引き起こす外因性の原因の2種類の発症原因があります。症状としては、皮膚が赤くなる事や蕁麻疹、かぶれ、目の充血、異物感、他にも全身症状として頭痛や発熱、吐き気と言ったものもあります。一度発症してしまうと、治りにくい為、日光アレルギーにならない為には、紫外線をなるべく浴びないように心がけましょう。帽子や手袋で日光を避ける事や日焼け止めを用いる事も有効です。日焼け止めには、紫外線を吸収して肌まで浸透させないものと、紫外線をはねかえすものの2種類があるので、出来れば紫外線を跳ね返すタイプのものを選びましょう。このタイプは皮膚への刺激も弱く肌にやさしいです。日光アレルギーかもしれないと思ったら、専門医を受診し光線過敏症テストをうけてみましょう。自分の体質が分かれば、対策もしやすく、専門医の指導も受ける事が出来ます。しかし、ある日突然症状が出てしまったら、どうすれば良いのでしょう。まずは症状の出た部分を冷やしてみましょう。それで治る場合もあります。しかし痛みが長引いたり、赤みがひかなかったり、またこれ以外の発熱などの全身症状が現れたらすぐに専門医を受診しましょう。日光アレルギーには市販薬を含め、一般的に手に入る薬はあまり効果がなく、日光アレルギーに有効なステロイド消炎剤や免疫抑制剤は扱いが難しい為、専門医による治療が必要です。また、日やけどめの成分や、服用している薬等が原因の外因性の日光アレルギーの場合もあるので、原因を特定する為に、専門医に皮膚に塗布したもの等を調べてもらうのも必要な事と言えます。