治療と予防が可能なアレルギー症状。このホームページではこれまでに公開されているアレルギーに関する必要な情報を集めてご紹介いたします。また、アレルギー症状を改善するための効果的な医薬品も合わせてご紹介していきます。

現在、効果的とされるアレルギー改善薬の種類

近年は食生活や社会環境の変化で老若男女問わずアレルギーを発症してしまう人が少なくありません。本来は外から入ってきた異物を排出するために抗体が作られ排除するという免疫システムだったのですが、過剰に反応するなどして自分自身の体の器官を攻撃するなどしてしまうのです。ちょっとした発疹やかゆみと言うのであればまだいいのですが、アレルギー反応も酷いものになればショック症状を起こして命にも関わるものとなってしまいます。治療するための薬も少しずつ増えてきていますが、一番良く使われるのは症状を改善するためのタイプの薬です。喘息の発作がでてしまったり、かゆみなどの症状を抑えるためのものが中心で、気管支拡張薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド軟膏、点鼻薬などです。どちらかと言えばこれらの薬は対処療法的なものとなります。アレルギーの炎症を抑えるようなタイプの薬も処方がされる事もあります。他には基本的な体質改善を目指して処方されるタイプの薬もあります。子供のアトピー肌などは親としても本当に見ていてつらいものです。気道過敏症などの治療にも使われ、長期的に服用を続けて根本的な改善を目指します。Th2サイトカイン阻害薬や、アレルギーで肌が乾燥して荒れやすくなるので、保湿剤なども必要に応じて処方がされます。薬は長期間続けていくとなると大変だと感じてしまう人が多いです。けれどもしっかりと医師の指示通りに服用を続けていく事で効果も現れます。少し症状が良くなったと思って自己判断で薬をやめたり、その逆で効果が出ないから薬を多めに使ってみたりするようなことはやめましょう。医師と相談しながら体調や症状に合う薬を使っていくようにしましょう。

人体に有害なアレルギー物質と予防方法

発症すると治らないとまで言われているほどのアレルギーですが、いろんなアレルゲンがあります。これも人によって反応するものとそうでないものがありますので、家族などにアレルギーを持つ人がいたら自分もなる可能性があると思ってなるべく避けるようにした方がいいでしょう。原因物質としては、呼吸で吸入される物質もあれば、手や足などで触れる接触性の物質、場合によっては薬でのアレルギーを持つ人もいます。吸入物質の場合はハウスダストや、ダニ、花粉、ペットの毛やフケ、真菌類です。良く知られているのは食物性のアレルギーで、牛乳や卵、小麦粉、甲殻類に果物類などが良く挙げられます。接触性の原因はそれこそ数多く、金属や漆、銀杏、ゴム製品や化粧品、日光などといろいろです。薬はアスピリンなどの鎮痛剤やペニシリンなどの抗生物質で良く見られます。吸入物質に関しては室内ではこまめな掃除を行うなどの対策を行います。食物性のアレルギーであれば、大人であればそれらの食材を食べないようにする事、そして子供のためには親が食べさせる前に除去したり、学校等に伝えて対策をする事が大切です。接触性物質にはとにかく触らないのが一番ですが、もし触れてしまったらすぐに洗い流すなどして対処をしていかないといけません。マスクや帽子、必要に応じてサングラスなどもかけて触れないようにすることです。また、帰宅後も衣服などはアレルゲンがついている可能性がありますので、しっかりと払い落とします。お風呂で洗い流す時には肌に刺激を与えないよう優しく体を綺麗にしていくようにしてみて下さい。日常的な予防やケアがアレルギー改善や軽減のためにはとても重要になってきます。

アレルギー反応とは身体の内部で何が起きているのか

人間の身体には、体内に入ってきたウイルスや細菌などの「自分ではないもの」を認識し体内から追い出すことで健康を保つ働きがあります。これが免疫機能と呼ばれるものです。この働きを利用して、体内に入ってきたウイルスや細菌が人体に悪いものだと覚えさせ、退治するための抗体を作るのがワクチンや予防接種です。体内で一度抗体ができると、次に同じ物質が体内に侵入してきたときにすぐに自分ではないものだと認識できるため、素早く対応ができるようになります。そのため身体に影響が出ないか、影響が出ても軽微で済ませることができるのです。免疫機能は人間の健康を保つために重要な働きをしてくれているのです。この免疫機能が過剰に反応してしまうことをアレルギーと呼びます。本来は免疫が人体を守ってくれるのですが、何らかの原因で免疫の機能が変化し「自分ではないもの」を認めて退治する働きが自分自身に向かってしまうことで、過敏な反応が起きてしまうのです。アレルギーになるかならないかは、その人の体内で無害な物質を「自分ではない、人体に悪影響を及ぼすもの」と認識するかしないかにかかっています。人体に無害なものでも一度「自分ではないもの」と認識されると、くしゃみや鼻水、嘔吐などで体外に排出してしまおうとします。アレルギーは免疫機能のエラーとも言うことができます。近年、アレルギーを持っている人は増えていて、日本人の約30%は何らかのアレルギーを持っているとも言われています。投薬などの治療法がありますが、全てのアレルギーが完全に治療できるわけではありません。アレルギーの原因である物質に近寄らない、摂取しないなど、自分の日頃の努力も必要になってきます。
花粉症 薬
■花粉症等のアレルギー性鼻炎にはこちら
ザイザル